自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

一体最近何をやっているのか

お久しぶりです草薙真緒です。

ここ最近ずっとブログをサボっております。ええ。

書くことがないんです。正直。

詳細に言えばなくはない。なくはないのだが。

 

降谷零の話しかしないがそれでいいのか。

 

名探偵コナンゼロの執行人で勢いよく頭から安室透沼へと飛び込んだ私は現在せっせと降谷零二次創作小説を書いています。延々と書き続けています。妄想が尽きない限り書き続けてしまうでしょう。こんなにハマったのは初めてです。

オタクにはいわゆる”過激派”と呼ばれるグループが存在しています。

解釈違い・CP違いなどを全く受け付けられない人たちのことです。

今まで私は二次元に推しができてもべつに攻め受けどっちでも読めたし最推しCPもあるけどよっぽど無理な組み合わせじゃない限り他のCPも読めていたのです。いわゆる雑食です。とりあえず推しが見れればそれでい。

しかし降谷零はそうはいかなかった。

どんどん深みに嵌るうちに視野が狭くなっていくのです。ええ。

降谷零はこんなこと言わねぇ!こんな顔しねぇ!こんな付き合い方しねぇ!こいつと付き合わねぇ!

というわけでもう他の二次創作がほぼ見れません。現在大沸騰中でガンガン供給があるのに私が見れるのはほんの僅か。こんなに悲しいことはない。過激派辛い。よく生きられていると思う過激派の方々。

だったらどうするか。

己の理想の降谷零を作ってしまえばいいのです。

もう我慢できねぇヒャッハー!というような勢いで書き始めて終わりません。終わりが見えません。あと数年は降谷零で生きられると思う。

病院のカウンセリングですらその話ばっかりしてます。本当にこんな話でいいんですか、とカウンセラーさんに尋ねるとそういう楽しい話から見えてくることもありますよ、と言われ、おまけにカウンセラーさんも若干オタク嗜好の方だったため大盛り上がり。カウンセリングがただのオタ話で終わっています。これでいいのか。

初めて応援上映なるものにも行ってきました。あれ気持ちいいですね。思い切りカッコイイ―!!!顔がいいー!!!降谷零ー!!!って叫べるの最高でした。

しかし過激派過ぎてCPの字面すら見るのがつらくてピクシブが漁れません。辛い。結構辛い。自分の作品しか読めない。

もう延々と自分で小説を書いては自分で読んで萌えるしかない。そんな日々を送っています。

そんな近況報告でした。