自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

1週間引きこもっていることに決めた

なにやら調子がおかしい。無性に涙が出る。やる気が出ない。ずっと寝ていたい。とまあ要は調子が悪い波が来たようなので引きこもっていよう、と決意したわけである。

今回調子が良い~低空飛行の期間がわりと長かった気がする。多少なりとも良くなってきているのだろうか。ただ今回体力が赤ゲージになってしまっているのに安室透という燃料が過剰投下され明後日の方向に全力疾走してしまったのでその反動がかなりでかい。

そもそも4月中旬の時点で、よく言えば落ち着いている、悪く言えばわりと普通の日常が送れるようになって退屈で暇だった。年末年始調子がかなり良くて、その後そこそこ安定。4月始めには無性に本が読みたくなって乱読。睡眠時間も睡眠効率を計るようになって安定してきて、いろんな意味で4月中旬は落ち着いていた。ブログにも書いているが正直刺激のない日々で暇で退屈で集中力と体力の無さがもどかしくて若干むしゃくしゃしていた。そこで目に留まったのが安室透である。

安室透の外見は正直好みではなかったしまさか映画1本でここまでハマるとは思ってもいなかった。興味本位で沼を覗きにいったらものの見事に突き落とされてもがけばもがくほど深みにハマり、週に1回は執行されないと落ち着かなくなった。

が、多分この時点で赤ゲージだったのだと思う。午前中だるくて仕方がないのに午後になるとダメだ動きたいぜヒャッハーとなって映画を見に行っていた。午前中だるいということは少なからず疲労しているということなわけで、それでも安室透を補充したくてたまらなくて衝動的に映画館に通っていた。元気なのかそうでないのか自分でもよくわからない状態になり例えるならまさしく麻薬中毒者である。安室透を摂取すれば一時的にでもハイになれてそれが良くって映画館に通う。安室透がないと元気が出ない。いや精神的にはずっとハイ状態だったと言えなくもない。小説のネタは山ほど思い付く。いや山ほどは言いすぎた。丘ほどである。

安室透を摂取し妄想を出力してこの1ヶ月過ごしてきたのだがいよいよ限界がきたということだ。安室透についての妄想は尽きないがそれ以外無理。外に出るのがしんどいし部屋を片付けるのも面倒だし洗濯機を回すのも億劫だ。でも安室透は摂取したい。しかし現在映画館に行く気力さえ尽きた。ゴジラも見たいというのに。

となれば徹底的にだらけるしかない。やりたくないことはやらない。食べたいものだけ食べて寝たいだけ寝るだけだ。とりあえず1週間そんな生活をしようと思う。