自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

落ち込み期がやってきた

昨日の夜から何やら嫌な気配はしていた。

先日FF30周年別れの物語展でヴェェェと泣いた翌日37.2℃の熱を出した。

もしかしたらそれがきっかけだろうか。

ともかく最近わりと精神的には安定していたのでまあそういう波が来たのだろう。

希死念慮は強くないもののなにか物悲しい。

とにかく何もしたくない。何も考えたくない。

ならなぜブログを書いているのかというと”落ち込み期がきた”ということを残しておこうと思ったからである。

あと書いたら少しはスッキリしないかな、と。

頭の中にもやがかかったようになっていて何もする気も起きないし集中もできない。

気晴らしができないというのは辛い。

なんでこうなっちゃったんだろうなあという思いが募る。

ともかくご飯を食べて薬を飲んで布団にくるまるしかない。

こういうときの対処法を何か思いつけばいいのだけど。

もしもこの波とずっと付き合っていかねばならないとしたら何か対処法は必要だ。

仕事ができるようになってもこんな事態になったら私の場合すぐ休みそうだ。

ああいやだいやだ。今はそんなこと考えるのはよそう。

ともかく寝よう。過ぎ去るのを待とう。

しばらくこの状態を観察していよう。自分を知る機会だと思って。