自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

16Personalities性格診断

先日の記事真面目不真面目問題のように、自分で思っている自分自身の性格と本来の性格にどうも齟齬があるようだ。その齟齬がうつの原因となっているのではないかと思い、最近いろいろ自己分析してみている。

いろんなサイトの診断を受けてみて結果を見て、自分にはこういう面があるのかもしれない、と把握する。今回は先日受けた性格診断についてメモしていく。

 

16Personalitiesとは

ユングの理論を元に編み出された性格診断。

心理、エネルギー、自然、戦術、アイデンティティーの5つの側面から見て診断するというもの。おおまかに分けて分析家・外交官・番人・探検家の4グループ、細かく分けて16タイプのどれに当てはまるのか診断される。

診断は無料。

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

 

結果は”冒険家”

f:id:capnorst:20171210152807p:plain

やってみた結果、私は探検家グループの1つ、冒険家に当てはまった。

型にはまらないタイプで、内向的。他人の感情に敏感で、和を重んじる。将来の計画を立てるのが苦手。

強みは以下の6点。

  • 魅力的
  • 他者への感受性
  • 想像力
  • 情熱的
  • 好奇心
  • 芸術的

弱点は以下の5点。

  • 激しい独立
  • 予測不能
  • 簡単にストレスを感じる
  • 過度の競争力
  • 変動する自尊心

仕事については、普通に働くことは向いておらず、フリーランスコンサルティングの仕事が向いている。

このタイプに当てはまる有名人はケヴィン・コスナーマイケル・ジャクソンアヴリル・ラヴィーンブリトニー・スピアーズ等錚々たる面々。

 

当たっているか否か

型にはまらないタイプで、内向的。他人の感情に敏感で、和を重んじる。将来の計画を立てるのが苦手。――当たっている、と思う。

 

何より驚いたのは、この結果、占いで出た結果と被っている部分が多いということだ。

占星術数秘術などは統計学の一種だとも言われているが、そのせいだろうか。

 

普通に働くのは向いていない。これ、周囲の人にも言われたことがある。型にはまらない、つまり個性的で、私は普通の人間ではなかったのだ。だから”普通”の人生を歩もうとしてうつになってしまったのだろうか。

 

だからといって私はどう生きていけば良いのだろう。やはり手に職をつけるしかないのか。

 

私は私らしく生きる、ということの難易度が高いのではないか。自分の攻略が難しいぞ……。