自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

精神的に不安定な人は鉄分とビタミンBを摂れ

うつヌケ」が流行語大賞にノミネートされたそうですがどちらかというとうつヌケの中で言われた「うつは心のガン」という言葉が広まって欲しいと思っている草薙です。

 

そんな「うつヌケ」という言葉を使った本が新しく出ていたので購入してみた。

 

マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

 

 「うつは薬だけじゃ治らない」という言葉はよく聞くが、じゃあどうすればいいんだよ!という人にオススメの本である。

 

私はいつだったかツイッターで流れてきた「精神不安定には鉄分がいい」「うつ症状にはビタミンBがいい」という文言に、藁をもすがる気持ちでそれを信じてビタミンBとヘム鉄のサプリメントを購入し飲んでいた。ツイッターで流れてくる文言など嘘か本当かわからないが、このツイートは正しかったらしい。

女性に多い鉄欠乏

爪が柔らかい・あざができやすい・髪が抜けやすいなどといった諸症状は、鉄欠乏が原因であることが多い。結果、イライラしたり憂鬱になったりといった精神症状がでやすくなる。

血液検査でヘモグロビン値が正常であっても、通常の血液検査では見られない鉄分に関する値を調べると鉄分が足りていないということがわかるのだとか。是非通常の血液検査の項目に加えて欲しいものだ。

なぜ女性に多いかというともちろん生理があるから。

 

鉄分には非ヘム鉄とヘム鉄という種類がある。非ヘム鉄は野菜などから摂れ、ヘム鉄は動物性たんぱく質から補える。

どちらが良いということはないが、ヘム鉄の方が吸収効率が良いらしい。サプリメントも出ているので精神不安定で悩んでいる人は摂取してみてはどうだろうか。

ココロに働きかけるビタミンB群

幸せホルモンと言われているセロトニンや意欲を出すために必要と言われているドーパミン、GABAといった物質を作るのに必要なのがビタミンB群らしい。ビタミンB群が足りていないと寝つきが悪かったり集中力が続かなかったりやる気がでなかったりする。

特にビタミンB3通称ナイアシンうつ状態に有用なのだとか。

もちろん肌が髪質も良くなる。美容にもココロにも良いので摂取して損はない。

肉を食え。糖質を摂るな。

サプリメントに頼らず食生活の改善を目指すなら、これである。

肉。それはたんぱく質と鉄分とビタミンB群が含まれている優等生。

糖質制限ダイエットなるものがあるが、要はそれと一緒である。肉と野菜でお腹を満たし、米や麺類は極力摂らないようにする。

しかしこの方法、何って金がかかる。本当に。

手軽に腹を満たせる炭水化物類がほぼアウトなので、その分野菜と肉や魚で腹を満たさねばならない。

しかも、パスタやうどん、丼ものってお手軽じゃないですか。それが全部アウトになるわけだから何かしら作らなきゃいけない。金がかかる上に手間もかかる。面倒くさい。

なので私はなるべく気を使ってはいるが面倒なときはパスタやうどんや丼ものを食べてサプリを飲む。元気があったら作る。

 

なにはともあれ、薬だけじゃ改善しない!という人はこちらの本を読んでみて食生活から変えてみてはいかがだろうか。サプリメントを摂取するだけでも結構かわってくるものですよ。