自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

結婚って何なのだ

ツイッターでおっかけていた方の単行本が続々発売されたので早速買って読んでいた。

婚活漫画と、夫婦の漫画である。

結婚とは何なのか、考えさせられた。

まず横嶋じゃのめさんの婚活漫画。

別居子無し希望で婚活するというもの。

婚活って大変そう、というイメージだったが、そういった点を把握した上でお互い会ってみるというのは確かに合理的だ。

だがなかなかそううまくはいかない。

作中でじゃのめさんは「それ結婚する意味あんの?」という質問をされる。

これに対しじゃのめさんはさまざまな思いがかけめぐりすぎて言葉が出なくなっている。

なんとなく気持ちはわかる。じゃのめさんの方の。

同居で子供アリが理想的で幸せな家庭像なのだろうけれども、決してそれだけではない、と私も思っている。

子供を虐待する親なんてなんで子供を産んだのかと思うしそんな親いない方が良いと思う。子供の前でDVなんてもってのほか、DVまでいかなくとも連日怒鳴り合いの喧嘩をするような悪影響を及ぼす親などいない方がマシだと思っている。

それに身体的な理由で子供ができない人もいる。そういう人に子供作れとは言えないだろう。

それぞれがそれぞれ幸せなら、それでよいと思うのだ。

 

そこでさわぐちけいすけさんの「妻は他人」という本。

妻は他人 だから夫婦は面白い

妻は他人 だから夫婦は面白い

 

あっさりしている。ドライな関係な夫婦。はっきりいって私の理想である。

素直に奥さんが羨ましい。けれど私はこの奥さんのようにはなれないだろうと思うのでこうはいかないだろう。

 

アラサーな私だが、私の周囲は結婚している友人の方が少ない。

そんな中の一人が言った言葉「結婚って契約だからね」がとても印象に残っている。

結婚とは契約なのだ。他人が家族になるための。

家族にしかどうしようもできない問題が発生したとき、頼れるようになる人が1人増えることだ。

重荷になるのではなく、支え合って励ましあって生きていくものだ、と思いたい。

そこで大事なのが他人という考えだ。

家族とはいえ他人だ。血が繋がっていようといまいと別の個体という点では他の人。

だからわからないことがあって当然だし、話し合わなければわからない。口に出さなければわからない。しかし親しき中にも礼儀あり。これが意外と難しいんだと思う。

わかりあうために話し合って、支えあうために話し合って、時には黙って寄り添って。

そんな関係を築けるような人と出会えたら、最高だと思うのです。