自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

GODZILLA怪獣惑星

見てきました。ネタバレにならない程度に感想をば。

 

昨年ゴジラシリーズとしてシン・ゴジラが放映されたばかりだが、シン・ゴジラの時はさんざん話題になってから、ツイッターで「『庵野ゴジラ作ってないでエヴァ続編作れ』→『庵野エヴァ作ってないでゴジラの続編作れ』という流れになってる」的なツイートを見て、そこまで言われるのなら見ておこう、と前情報マシマシで行った。

田舎のショボいスクリーンのせいもあってか、ほほうこれがゴジラさんですか、という感じで、ストーリーとしてはエヴァヤシマ作戦を彷彿とさせるもので、そんな重大作戦を決行する流れがとても好きな私は素直に面白かった。しかし、ゴジラ的面白さは理解してなかったのだな、とGODZILLA怪獣惑星、通称アニゴジを見て思った。

 

田舎のショボいスクリーンでは私が感じ取れなかったもの、それはゴジラに対する絶望感だった。

デカい、強い、こんなの勝てるわけがない、どうすればいいかわからない、という絶望感。

それが今回、思い知らされた。

デカいスクリーンに映し出されるゴジラ。ちっぽけな人類。破壊される文明。

ゾクゾクした。最高だった。なるほどこれがゴジラだったのか、とようやく理解した。

 

3Dアニメということで、アップルシードを思い起こし、これは好き嫌い別れそうな作風である。しかし、これを普通のアニメーションでやるのは難しかっただろうと思う。

キャストに話題作りとして下手に俳優どころを入れていないのも好感だった。演じるのは豪華声優陣。とても耳に心地よい。特に櫻井孝宏さん大好きな私にとっては最高だった。

主人公ハルオは宮野真守。途中で「俺はガンダムだ」とか言い出しそうだなと思ったのは私だけではないはず。

そして意味深な櫻井孝宏演じるメトフィエス。櫻井さんマジ櫻井。

あと個人的に気に入ったのがマーティン博士。CVは杉田智和銀魂の見過ぎで杉田さんと言えばふざけたキャラになってしまったいたがこれはイケ杉田だった。学術肌な感じがとても良い。

脚本が鬱シナリオに定評のある虚淵玄ということもあって、もう楽しみ過ぎて仕方ない。沙耶の唄魔法少女まどかマギカPSYCHO-PASSFate/Zeroは最高なのでアニゴジで虚淵さんを知った方は是非見てみて欲しい。最高だから。

 

第2部GODZILLA決戦機動増殖都市は2018年5月とのことで、今から来年が楽しみである。

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ