自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

西洋占星術からみた私

今日は西洋占星術からみた私の話。

 

西洋占星術(せいようせんせいじゅつ)は、アラブ世界(アラビア半島ソマリアスーダン除き)や西洋諸国で発達してきた占星術の体系である。ヘレニズム時代に成立した体系が基盤となっており、一般的にはホロスコープを用いる。占う対象に影響を及ぼすとされる諸天体が、出生時などの年月日と時刻にどの位置にあるかをホロスコープに描き出し、それを解釈する形で占う。

近代になって一般に広まったサン・サイン占星術では、太陽のあるサインを基にして占う。日本の雑誌などでよく見かける十二星座を基にした星座占いは、これを通俗化したものである。

引用元:西洋占星術 - Wikipedia

 

生年月日と出生時間から天体の位置を割り出して、その位置で占うというもの。

私の場合はこんな結果になった。

  • 研究・探求を好む
  • 鋭い観察眼を持つ
  • 分析能力に優れる
  • 教育、社会の改善を求める志向
  • 精神的能力が高い
  • 変わった価値観の人たちが集まりやすい
  • 指導者に向いている
  • 真面目
  • 勤勉
  • 努力家で意欲的
  • ストレスが身体に影響しやすい
  • 生まれ住んだ土地を離れた方が良い
  • 自由人
  • 会社などの組織に属して仕事を行うよりはフリーランスなどの個人的な活動環境の方が合っている

 ふーむ。

正直あまり当たっていない。いや、単に私が自覚していないだけかもしれない。

 

当たっている、と思うのは以下3点。

  • 研究・探求を好む
  • 変わった価値観の人たちが集まりやすい
  • ストレスが身体に影響しやすい

調べることは好きだ。ただし、自分が興味を持っていることに関してのみだが。

そして変わった価値観、何がどう変わっているのか正直わからないが、私の友人たちは変わり者が多いのは事実である。マイナージャンルばっかり好きになったりとか。

それからストレスが身体に影響しやすい。正にそうだ。実際嫌なことがあるとすぐ頭痛や胃痛がする。

 

さて、自分では当てはまっていない(と思っている)点について。

  • 教育、社会の改善を求める志向
  • 精神的能力が高い
  • 変わった価値観の人たちが集まりやすい
  • 指導者に向いている
  • 真面目
  • 勤勉
  • 努力家で意欲的
  • 自由人
  • 会社などの組織に属して仕事を行うよりはフリーランスなどの個人的な活動環境の方が合っている

 占ってもらっているときは、あんまり当たってないなぁと思いながら聞いていたのだが、書き出してみて思った。これ、うつになりやすいタイプの特徴では?

 

特に真面目・勤勉・努力家・自由人の辺り。

 

私は小学生のときから宿題をサボりがちだったし、勤勉などはもってのほか、努力という言葉など嫌いだった。だから、今でも当てはまってないと思っている。

しかし、自分で自分を把握できていないだけなのかもしれない。

今後他の占術で占った結果も載せていくが、被っているところがほとんど同じ項目なのである。これは、自分の認識を改めなければならないかもしれない。

 

過去をじっくり振り返ってみる良い機会と思って、今後も分析していく。

 

最新占星術入門 (エルブックスシリーズ)

最新占星術入門 (エルブックスシリーズ)