自由という名の特効薬

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

MENU

うつ病と占い

 6月にこんな記事書いてたのに、どんどん占いにハマっていって最終的に占いを勉強し始めるとは、人生本当どうなるかわからないな。

capnorst.hatenablog.com

 占いをしてもらってわかったのは、うつ病などの人に占いはオススメできるってことと、うつ病などの人には占いはオススメできないってこと。

 

何を言ってるんだお前は。

 

うつ病などの人に占いをオススメする理由

※当然のことながら各個人によります。

 

いろんな占い師の方に、いろんな占術で占ってもらった。西洋占星術数秘術、四柱水命、九星気学、姓名判断、手相、紫微斗数、タロット、霊視などなど。

病気のことに関しては基本占ってもらえないので、健康運や仕事運を視てもらった。

 

そこでわかったのは(後々詳しく記事を書こうと思っているが)、私はどうも生き辛いタイプの人間だということだった。

 

繊細、真面目、責任感がある、考えすぎる、エトセトラの理由で、あなたはストレスを抱え込みやすいタイプの人間です。との診断を受けた。いろんな占術で、だ。

 

考えすぎるのは当たってるけど、その他は自分では当たってるか微妙だった。

 

とはいえ、いろんな人に「あなたはストレスを抱え込みやすい=うつになりやすいですよ」と言われたのは、結果的に良かったと思う。

 

何故なら開き直れたから。

 

持って生まれた宿命で、星回りで、名前で、そういうふうにできてるなら仕方ないな!

私のせいじゃないな!生まれた時間が悪い!こんな名前を付けた親が悪い!

じゃあもうどうしようもねーなハハッ!

 

何回か占ってもらった後、こんな感じで吹っ切れた。

 

なんでだ、どうして私はダメなんだ、と自分を責めてしまう貴方。

占ってもらってもらってみてはどうでしょう。

自分のせいではないと責任転嫁ができます。

これが私が占いをオススメする理由である。

 

それからもう1つ、たまたまなのかもしれないが、占い師さんってうつやパニック障害を昔かかえてましたって人が多かった。経験談や治療法について聞けてためになるかも。

 

うつ病などの人に占いをオススメしない理由

簡単です。依存します。

 

当たっている場合ならなおさら。

 

あの占い師さんが言った通りになった!すごい!心構えができてたから良かった!

 

こうなるとまた占ってもらいに行く。当たる。占う。当たらない。不安になる。別の占い師さんに頼る。

 

どうも占い依存症なるものがあるらしい。

ググってみると

  • 同じ占い師さんに些細なことでも聞いてしまう
  • 相談相手として親や友達より占い師さんを選ぶ
  • 特に相談することもないのについ占ってもらいに行ってしまう
  • 自分が欲しい答えがでるまで占ってしまう

こんな感じで、占いに依存してしまう人がいるらしい。

というか、私も依存気味に陥っていた。

吹っ切れて快調になりだしてから収まったものの、クレジットカードの請求額が一時とんでもないことになっていた。

 

占いをオススメする理由にかいた、「私のせいじゃない」ということを言われると安心するのである。だから安心を求めるために占いをしてもらってしまっていた。

特に寝る前、どうしようもなく不安になり眠れないとき、安心したくてちょっとだけ…と占いアプリをポチっていた。塵も積もれば山となる。これが重なりに重なって大金となった。そしてクレカの請求書を見て目が覚めた。何してんだ私は。

 

お金を払って安心を買っていたわけである。だって不安なんだものしょうがないじゃない。

こうして繰り返してハマって依存していく。だから占いはオススメできない。

 

結局どっちなのか

正解は、私の経験からすると「うつが良くなってきたくらいに占ってもらう」だと思う。

なんだかんだで占い師さんは心理学を学んでいる人も多く、カウンセリングのような形で話を聞いてくれる人もいるし、先程書いたように経験者の方が多い。

 

自分を責めてしまってどうしようもない、不安でどうしようもないときは占ってはいけない。

 

回復してきたころに、自分の性質を知るため、うつからの脱却方法を知るために占ってもらうと良い。

 

もちろん当たる当たらないはある。所詮占いは統計学だ。

だけど自分をもっと知るための一つの手段として用いてみても良いのではないだろうか。

 

明日からは実際に占ってもらった結果を書いていこうと思う。

自分取扱説明書を作りたい。

ここまで回復してきたのだ。またあのどうしようもない日々には戻りたくない。

でも焦ってはいけない。ゆっくりと、前に進んでいきたい。