カプリシャスノーマルストイック

アラサーオタクのうつ病回復雑記。

寂しさに耐えられない

あれは確か7月に入った頃。

もう初夏だというのに、妙に寒かったのを覚えている。

人は、寂しいと体が暖まらないのだ。

永田カビ著の一人交換日記で描かれていたことなのだが、それは本当だった。

 

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

 

 7月だというのに長袖を着て、ぬいぐるみを抱きしめ寂しさを紛らわそうとした。

こんなに寂しさを感じたことは人生ではじめてだった。これが孤独感というものだろうか、と思った。

 

「最近寂しくて仕方ないんです」そう医師に訴えると、「それは、余裕がでてきた証拠です」と言われた。

 

うつになると、自分の事ばかり考える。他の人の事を考える余裕などない。他の人と関わりたいと思うようになったならそれは、改善してきているという証なのだそうだ。

なるほどそれは喜ばしい。だからといってこの寂しさが紛れるわけではなかった。

 

会いたいとまでは言わないから、せめて話し相手が欲しかった。

 

意を決して友達に連絡を取った。

 

普段頻繁に連絡をとる方ではない。うつになってからは以前にも増して連絡など取っていなかったし、中学の友達など成人式以来電話もメールもしていない。

それでも誰か相手をして欲しかった。私がうつだとカミングアウトすることで相手がどういうリアクションするかなど頭からすっかり抜け落ちていた。

 

ラインで誰か私の相手をしてくれ!という叫びを一斉送信した。中学の友達には久しぶり!とメールを送った。メルアドが変更になっていて送れなかったらどうしよう、それだけが不安だった。

 

幸いメルアドは変更されておらず、無事返事が返ってきた。久しぶり過ぎて、詐欺かと思った!と後で言われた。

本当私は友人に恵まれていて、実はうつを治療中で治りかけてきたんだけどそしたら寂しくて仕方がないんだ、そう言うと皆引いたり責めたりせずに、それは大変だったねーと軽く返してくれた。

下手に重い空気になるよりも軽く返事をしてくれたことはなにより有り難かった。

 

連日いろんな子と電話やラインをした。

お盆に久しぶりに会おう、と約束をした。

寂しさはそれで満たされたようで、だんだんと暖かさを感じるようになり、孤独感は薄れていった。

 

 

それでもときどき寂しさが顔を出す。

 

誰かの声を聴きたくて仕方がなくなる。

 

本を読んだり音楽を聴いたりして気を紛らわす。

 

そうして時間が経っていることに安堵する。

 

早くこの寂しい一日が終わって欲しい。

 

16Personalities性格診断

先日の記事真面目不真面目問題のように、自分で思っている自分自身の性格と本来の性格にどうも齟齬があるようだ。その齟齬がうつの原因となっているのではないかと思い、最近いろいろ自己分析してみている。

いろんなサイトの診断を受けてみて結果を見て、自分にはこういう面があるのかもしれない、と把握する。今回は先日受けた性格診断についてメモしていく。

 

16Personalitiesとは

ユングの理論を元に編み出された性格診断。

心理、エネルギー、自然、戦術、アイデンティティーの5つの側面から見て診断するというもの。おおまかに分けて分析家・外交官・番人・探検家の4グループ、細かく分けて16タイプのどれに当てはまるのか診断される。

診断は無料。

無料性格診断テスト、性格タイプ詳細説明、人間関係およびキャリアのアドバイス | 16Personalities

 

結果は”冒険家”

f:id:capnorst:20171210152807p:plain

やってみた結果、私は探検家グループの1つ、冒険家に当てはまった。

型にはまらないタイプで、内向的。他人の感情に敏感で、和を重んじる。将来の計画を立てるのが苦手。

強みは以下の6点。

  • 魅力的
  • 他者への感受性
  • 想像力
  • 情熱的
  • 好奇心
  • 芸術的

弱点は以下の5点。

  • 激しい独立
  • 予測不能
  • 簡単にストレスを感じる
  • 過度の競争力
  • 変動する自尊心

仕事については、普通に働くことは向いておらず、フリーランスコンサルティングの仕事が向いている。

このタイプに当てはまる有名人はケヴィン・コスナーマイケル・ジャクソンアヴリル・ラヴィーンブリトニー・スピアーズ等錚々たる面々。

 

当たっているか否か

型にはまらないタイプで、内向的。他人の感情に敏感で、和を重んじる。将来の計画を立てるのが苦手。――当たっている、と思う。

 

何より驚いたのは、この結果、占いで出た結果と被っている部分が多いということだ。

占星術数秘術などは統計学の一種だとも言われているが、そのせいだろうか。

 

普通に働くのは向いていない。これ、周囲の人にも言われたことがある。型にはまらない、つまり個性的で、私は普通の人間ではなかったのだ。だから”普通”の人生を歩もうとしてうつになってしまったのだろうか。

 

だからといって私はどう生きていけば良いのだろう。やはり手に職をつけるしかないのか。

 

私は私らしく生きる、ということの難易度が高いのではないか。自分の攻略が難しいぞ……。

自分を褒めて褒め称えて褒めまくれ

コウペンちゃんをご存知だろうか。

皇帝ペンギンならぬ"肯定"ペンギンの子どもコウペンちゃん。

些細なことから褒めてくれる癒しキャラである。

 

コウペンちゃん (KITORA)

コウペンちゃん (KITORA)

 

 ラインスタンプも好評発売中で、

「寝て起きたの?えらい!」

「だらだらしたの?えら~い!」

「生きててえらい…!」

ととにかくなんでも褒めてくれる。癒し!

 

承認欲求?自己肯定感?何それおいしいの?

 

否。とっても大事である。

 

ありのままの自分を受け入れること。

意外とできないものである。

なんで自分はこんなにダメなんだろう…とか責めてしまう。責めてはいけない。

いつぞや流行ったアナと雪の女王よろしくありのままの姿を見せて受け入れていただきたい。

 

そのために行うのが己を褒めることである。

 

コウペンちゃんのように、どんな些細なことでも褒めるといい。

朝起きれた!えらい!

ご飯食べた!えらい!

外に出れた!えらい!

やってるうちになんだよこの程度のことで…と思うかもしれない。でもその程度のことができないときがあったのだ。それができるようになった君はえらい。

 

生きてるだけで褒めてくれるbot

ツイッターでは「生きてるだけで褒めてくれるbot」というものが多数存在する。

定期的にいろんな些細なことを褒めてくれて、存在を肯定してくれる。

基本女性向けばかりである。みんなどんだけ褒められたいのだ。それほどまでに世の女性たちは疲れ切っているのである。

 

褒め日記

そんな女性たちにオススメしたいのが、1日の終わりになんでもいいから自分を褒めること。

そうすると自然と自己肯定感が育っていく。

私はスマホの日記アプリを使っている。夜になると通知してくれるので、書き忘れることがない。

とにかく上記キャラ達のように何でも褒める。

「外出した!えらい!」

「ご飯美味しくできた!すごい!」

「洗濯した!えらい!」

「本読んだ!頑張った!」

「だらだらした!お疲れさま!」

最低でも3項目を目標に書き留めていく。そうして自己肯定感を育て、自分に自信をつけていく。

うつなどになって自己否定してしまう人にはもってこいの方法だと思うので是非やってもらいたい。最初のうちは、上記に書いた通り、「この程度で……」と思ってしまうかもしれないが、それでも続けてみてほしい。だんだん自分を認められるようになってくるから。